ラテラルウィンドウテクニック|小山市のインプラントなら栃木インプラントガイド



骨を増やす方法

サイナスリフト(ラテラルウィンドウテクニック)

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)
上顎の骨には上顎洞という空洞があります。上顎の歯を失ってしまうと上顎洞は拡大し、結果骨が薄くなってしまうことがあります。上顎洞底挙上術(サイナスリフト)は拡大してしまった上顎洞に人工骨を移植することで、骨の厚みを確保する治療です。
サイナスリフトには大きく分けると、骨の横からアプローチするラテラルウィンドウテクニックと骨の下からアプローチするオステオトームテクニックがあります。

ここでは、ラテラルウィンドウテクニックを説明します。

ラテラルウィンドウテクニック(Latelal Window technique)
ラテラルウィンドウテクニックを用いれば、1~2mmしか骨が残っていない状態でも、適切な長さのインプラントを埋入することができます。
口の中から粘膜を剥離し、シュナイダー膜を剥がし、その隙間に骨移植材を?入していきます。約6~10ヶ月待つと、骨移植材が骨に変換されます。そして骨ができたところに、インプラントを埋入すればOKです。

↓術前のレントゲン写真 左上の白い線が残っている骨です。2~3mmしかありません。

術前のレントゲン写真

↓ラテラルウィンドウテクニックを行い骨が増えたところにインプラントを3本埋入しました。上の白いラインが増えた骨です。

インプラントを3本埋入

↓ラテラルウィンドウテクニックを用いて骨を増やした状態。
一番下のラインが歯槽頂の骨。真ん中のラインがもともとの上顎洞底。一番上のラインが増えた挙上された骨。

骨を増やした状態

↓正面から見たCT像

正面から見たCT像

↓上面から見たCT像

上面から見たCT像

↓赤いのがインプラント、濃いところが増えた骨です。

上面から見たCT像 上面から見たCT像

このページのトップへ


お気軽にお問い合わせください

インプラントのご相談はこちらからどうぞ

インプラント治療に関するご相談・ご質問を随時受け付けております。皆様からのご相談・ご質問はインプラント歯科医がお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。



Copyright(C)2007 丹野歯科医院. All rights reserved.