OAMインプラント|小山市のインプラントなら栃木インプラントガイド



削らないインプラント

最新インプラント法 OAMインプラントシステム

OAM IMPLANT SYSTEM

OAMインプラントシステムとは、骨をほとんど削ることなくゆっくりとピンホールを拡大し、骨の厚みを再生する技術です。熱を発生させないので注水の必要がまったくありません。骨にもダメージを与えませんので侵襲が少なくインプラントと骨の結合を確実にします。インプラント手術が不可能と言われた患者様にも、このシステムで施術することができます。

インプラントとは?

インプラントとは、失った歯の代わりに人工の歯をいれる、第二の永久歯です。歯科では、「インプラント」と言えば「人口歯根」を指します。つまり、人工的に作られた歯の根という意味です。現在ではチタンの表面にハイドロキシアパタイトという歯の主成分と同じものを薄く固着させたものが主流となっています。こうしたインプラントを、歯を失った顎の歯肉下の骨の中に埋め込みます

ドリルも骨移植もほとんど必要としない、今までにない画期的な方法です。

従来式がドリルで骨に穴を開け、削ってしまうのに対し、これからご紹介するインプラント方法は針を刺すだけです。
下図をご覧いただくとわかるように、どちらが体にやさしい手術法であるかは一目瞭然です。

医学博士 大口弘先生によって開発された治療法で、今では「大口式インプラント」と呼ばれるほど、全国の歯科医師が注目している新治療法です。

「大口式インプラント」とは

『大口式』の有効性

インプラント体がしっかりと固定される
「従来式」のインプラントでは、ドリルで開けた穴とインプラント体との間に隙間が生じて、それがぐらつきや不安定の原因になっていました。
しかし、「大口式」ではその隙間はほとんどありません。それどころか、いったん押し広げられた骨が元に戻ろうとしてインプラント体の周りを締め付けるので、確実な初期固定を得ることができます。
噛み合わせの調整がしやすい
噛み合わせは対合する歯と噛み合う位置が大事です。「従来式」では、一度ドリルで削るとやり直しがきかず、方向を失敗してしまうと戻せませんでした。
一方、ドリルを使わない「大口式」は、極細の針を腕の力だけでソフトに押し込んでいき、徐々に太い針に変えていくため、細かな方向の調整がしやすいのです。最高の噛み合わせが得られやすい優れた手術法なのです。
安全性が高く、身体へのダメージが少ない
「従来式」のインプラントではドリルで骨を削るため、顎の骨を削ってしまったり、神経を傷つけてしまうような医療事故が起きていました。しかし、「大口式」のインプラント方法は、最初に開くのは糸ほどの小さな穴です。「誤って貫通させる、神経を傷つける」といった事故は起こりようがありません。

『大口式の治療の流れ』

OAM先進インプラント認定医証

このページのトップへ


お気軽にお問い合わせください

インプラントのご相談はこちらからどうぞ

インプラント治療に関するご相談・ご質問を随時受け付けております。皆様からのご相談・ご質問はインプラント歯科医がお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。



Copyright(C)2007 丹野歯科医院. All rights reserved.