2回法インプラント|小山市のインプラントなら栃木インプラントガイド



2回法インプラント

インプラント2回法手術

2回法インプラントとは、1回目の手術の際に、粘膜下にインプラントを埋めてしまう術式のことを言います。インプラントが骨と結合した後に、2回目の手術をします。

インプラント治療2回法の流れをレントゲン画像と写真を元に説明します。

①右下第2小臼歯の先天欠損です。
先天欠損とは、生まれつき歯がないことを言います。
最近、そういうお子さんが増えているそうなので、子供の頃に一度、レントゲンにより確認しておいた方が良いかもしれません。

右下第2小臼歯の先天欠損1 右下第2小臼歯の先天欠損2

②直径2mmのインジケーターで深さと方向を確認します。
ちょうど中心に位置しているようです。

インジケーターで深さと方向を確認

③最終ドリルの方向性と深さを確認

最終ドリルの方向性と深さを確認1 最終ドリルの方向性と深さを確認2

④Nobel Replaceインプラントを埋入します。

インプラントを埋入1 インプラントを埋入2

2回法で行うためカバースクリューで蓋をして、

カバースクリュー

粘膜下に置き縫合し、2ヶ月待ちます。

粘膜下に置き縫合1 粘膜下に置き縫合2

その後、2次手術で、ヒーリングキャップをかぶせ粘膜の治癒を待ちます。

ヒーリングキャップ1 ヒーリングキャップ2

⑤粘膜が治癒したら、インプレッションポストを立てて、型採りをします。

インプレッションポスト1 インプレッションポスト2

⑥かみ合わせの調整をして、メタルセラミッククラウンを装着します。
インプラントは虫歯になりませんが、歯周病にはなります。

メタルセラミッククラウン1 メタルセラミッククラウン2

このページのトップへ


お気軽にお問い合わせください

インプラントのご相談はこちらからどうぞ

インプラント治療に関するご相談・ご質問を随時受け付けております。皆様からのご相談・ご質問はインプラント歯科医がお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。



Copyright(C)2007 丹野歯科医院. All rights reserved.